新しいことを少しずつ。

断捨離をしてできたスキマになにか入れたくなってきた30代主婦の雑記ブログ。たまに猫。

ブログ村で登録すべきカテゴリーの選び方。

スポンサーリンク

(この記事は2018/3/10に更新しています。)


2018年現在ブログ村のカテゴリーは9万以上あります。


その中からどのカテゴリーに属するか悩むところですよね。


今日はあなたのブログのアクセス数を上げるためのカテゴリーの選び方を教えます。


人気のカテゴリーを選ぶ

アクセス数を上げたいならたくさんの人が参加しているカテゴリーに登録するべきです。

マイページの右上のカテゴリーを押すとズラーとカテゴリーが出てきます。


f:id:nya222:20180309203010j:plain

f:id:nya222:20180309203022j:plain


今回は私が登録しているライフスタイルを例に教えます。


f:id:nya222:20180309203038j:plain

f:id:nya222:20180309204941j:plain


サブカテゴリーの右横の数字が参加人数の数です。人気順に並んでいるのでまずは人気の高いカテゴリーの中から選びましょう。


f:id:nya222:20180309203135j:plain


OUTポイントが多いカテゴリーを選ぶ

登録したいカテゴリーが見つかったらそのカテゴリーのランキングを見に行きます。


f:id:nya222:20180309203155j:plain


ランキングを押すとINポイントとOUTポイントが書かれているので上位5位ぐらいの人のOUTポイントを見ます。(ランキングを押さないとINポイントとOUTポイントは表示されません)


私のマイページを例に。
f:id:nya222:20180309203255j:plain


上位5位ぐらいの人のOUTポイントが100〜1000ポイント以下ならそのカテゴリーはオススメしません。


ここで言うオススメしない理由はアクセス数が稼げないから。


OUTポイントが多いほど賑わっているカテゴリー

OUTポイントはブログ村からあなたの記事を読みに来た人の数です。OUTポイントが多いということはそのカテゴリーから「読みたい記事はあるかな?」とブログを読みに来ている人が多いということ。


f:id:nya222:20180309203226j:plain


私も自分が登録しているカテゴリーの注目記事や新着記事はよくチェックします。


興味のある記事があればポチッとそのブログを読みに行きます。そのポチッとがOUTポイントになるのです。


OUTポイントが多いということはそのカテゴリーで私のように他のブログにも興味を持って読みに来ている人が多いという事です。


OUTポイントの見方の注意点

OUTポイントが多い方の中には複数のカテゴリーに登録している人もいます。


f:id:nya222:20180309203417j:plain

f:id:nya222:20180309203652j:plain


私のマイページを例にしますが、私も3つのカテゴリーに登録しています。私の場合OUTポイントを稼げているのがシンプルライフと断捨離のカテゴリーです。

上位5名の方のうち飛び抜けてOUTポイントが多い方がいらっしゃったらその方のマイページを見ることをオススメします。

他人のマイページは名前のところを押せば簡単に見れます。

f:id:nya222:20180309203720j:plain

他の方がどれだけポイントを稼いでいるか研究するのもアクセス数を増やすコツです。


1つのカテゴリーでOUTポイントを稼いでいてあとの登録しているカテゴリーは適当に登録しているだけの方もいるので、その適当に登録しているカテゴリーがあなたが登録したいと思っているカテゴリーだったら大変です。


OUTポイントが多い方の適当に登録してるカテゴリーって大概1位とか2位、3位とかだったりします。カテゴリーの上位に居れると優越感もありますし多少注目はしてもらえますもんね。


私は優越感よりアクセス数が欲しいです。


【スポンサーリンク】


まとめ

アクセス数を増やしたいなら参加人数が多くてなおかつOUTポイントが多いカテゴリーに登録するべきです。


参加したいカテゴリーが参加人数も少なくてOUTポイントも稼げてない(賑わってない)カテゴリーであっても、カテゴリーは3つまで登録出来るので1つぐらいは視野を広げてカテゴリー選びをしてもいいのでは。


どうせブログを書くならたくさんの人に見てもらいたいですもんね。モチベーションのアップにもなりますよね。


こんな記事も書いてます

www.atarashiikoto.com
www.atarashiikoto.com