新しいことを少しずつ。

断捨離をしてできたスキマになにか入れたくなってきた30代主婦の雑記ブログ。たまに猫。

5年愛用しているラバーシューズ「メリッサ (melissa)」はオススメです。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

私がここ5年毎年愛用しているのが「メリッサ (melissa)カンパーナ ジグザグ」のラバーシューズ。


f:id:nya222:20180313182903j:plain


キラキラのラメがまぶしいぺたんこラバーシューズですが5年愛用するには理由があります。


今日はそんなメリッサ(melissa)のラバーシューズをご紹介いたします。

スポンサーリンク

メリッサ(melissa)とは

メリッサはブラジル発のPVCという特殊プラスチックを使った伸縮性に富んだリサイクルできるシューズ作りをしているブランドです。


今でこそラバーシューズは身近なものになりましたがPVC素材シューズのパイオニアはメリッサです。

メリッサのいいところ

5年愛用しているには理由があります。

メリッサは履いたその日から歩ける!靴擦れしない!

当時勤めていた仕事場のスタッフにもオススメしましたが2人とも「めっちゃ楽〜」「全然痛くならない」と言っていました。


f:id:nya222:20180313182927j:plain


かなり甲が浅く足幅が広いデザインなの、わかりますか?


f:id:nya222:20180313182943j:plain


伸縮性のあるPVCなので歩いていても楽なんです。ぺたんこ靴は疲れやすいと言いますが、ソールにもクッション性があるので私はメリッサを1日履いていて疲れたと思ったことはありません。

オススメは断然ゴールド

f:id:nya222:20180313183018j:plain


ゴールドのアクセサリーが流行りまくった2000年代に購入したのもあるかもしれませんが数あるメリッサのカラーの中で断然オススメなのがゴールドです。

シルバーも悪くない

f:id:nya222:20180313183040j:plain

f:id:nya222:20180313183314j:plain

その次にオススメのカラーはシルバーです。

母はシルバーを購入していました。
私には全然似合っていないカラーでしたがシルバーもなかなか悪くない。

スポンサーリンク


メリッサの経年劣化

f:id:nya222:20180313183100j:plain


新品時はラメがたっぷり付いてますがだいたい2年ぐらいでラメが落ちてきます。


f:id:nya222:20180313183123j:plain


履き心地の劣化は私は感じません。
靴底が擦り減ってきたりはしますが「みっともない」劣化の仕方ではありません。

メリッサのわるいところ

「わるいところ」ってなんだか響きがアレですが、製品自体には全く問題ありません。オススメのラバーシューズであることには違いありません。

でも「あー、メリッサ履くとこうなるのか…」という点が3点あるので書きとめておきます。

ラメがめっちゃ付く

f:id:nya222:20180313183143j:plain


これはショッピンクサイトでも注意書きに必ず書いてあることです。

ラメめっちゃ付きます。

手にも付くし、足にも付きます。

でもこれも最初だけ。

部屋の中がラメだらけになるわけじゃないし、しばらくすると落ち着いてきます。

ペディキュアが剥がれる

ジェルネイル以外のセルフネイル(市販のマニキュアで塗るタイプ)はネイルが取れます。特に親指のネイルが取れる…。

赤いペディキュアをしていた時は靴の内側の親指が当たる部分にネイルが付いてました。

スポンサーリンク


雨の日は足が濡れる

ラバーシューズなので雨の日に履いても大丈夫ですが、足はめっちゃ濡れます。

足見えてますからね。


f:id:nya222:20180313183205j:plain


雨の日は部屋に入る前にタオルで拭かないと足がべちょべちょです。

まとめ

流行りは過ぎましたが、私の夏の定番はメリッサです。本当に履きやすい靴です。


2000年代はじめに爆発的に売れたメリッサですが、私はその履き心地の良さからずっと愛用しています。

春夏は毎日のように履いてますが、2シーズンしか履かないので劣化もそこまで激しくありません。ラメが取れてきたメリッサはご近所用のスリッパ感覚で履いています。


暖かい日が多くなってきたのでそろそろメリッサの出番かな!



誰かの参考になれば嬉しいです。
最後まで読んでくださりありがとうございます。



お気に入りレイングッズで雨も楽しく♪

レインブーツ・ラバーブーツ

ブログ村のテーマ


こんな記事も書いてます

www.atarashiikoto.com