新しいことを少しずつ。

断捨離をしてできたスキマになにか入れたくなってきた30代主婦の雑記ブログ。たまに猫。

稼ぐのが得意な男を夫に選んだのだから。オリエンタル・ラジオ中田敦彦さんの「良い夫やめた」を読んで思ったこと。私は支持派です。

スポンサーリンク

オリエンタル・ラジオの中田敦彦さんの「良い夫やめた」がネットニュースで話題になっておりますが、私も配信された当日に読み色々考えることがありました。

賛否両論あるこの中田さんの良い夫やめた宣言ですが、私は支持派です。

dual.nikkei.co.jp

スポンサーリンク


妻の要求を聞きすぎた夫

中田さんは妻である福田萌さんの出産を機に家事育児に積極的に参加するいわゆるイクメンを意識してきたとか。


イレギュラーな仕事依頼を断り、在宅仕事を増やし、いつでも福田さんの要求に応えれるように体制を整えたそうです。


f:id:nya222:20181026214012j:plain

しかし、そんな妻の要求を全て受け入れているにも関わらず妻の機嫌がいつも悪い、妻の要求がエスカレートする様を見て「全てを受け入れてるのになんで俺はここまで言われなきゃいけないの?」と思うことが増えたそうです。

私も夫の要求を聞きすぎた

なぜ私が中田さんのこの宣言を支持するかと言うと、(厳密に言うと支持ではなく共感ですが)私も今の夫の要求を聞きすぎたと後悔しているからです。


そして中田さん同様、私の夫も要求を受け入れてるにも関わらず機嫌が悪い、要求がエスカレートするという現象が起こっています。


f:id:nya222:20181026214338j:plain


うちの夫はどちらかと言うと神経質で頭がよく常識人です。夫の要求は間違ってないのですが細かいのです。言い争うのが面倒なので夫の要求を受け入れてきましたが、中田さんが言う通り「要求に応えているのにうまくいかない」と感じる場面が多々ありました。


中田さんは記事の中でカウンセリングを受けたと書いていますがその先生に「全部合わせてきたことが、良くなかったですね」と言われたことが強烈な一言だったと書かれています。

NOと言わない相手には要求がエスカレートする。私もこの記事を読むまで気付いていませんでした。

スポンサーリンク


稼ぐ夫を選んだのだから

私が中田さんの記事を読んで1番衝撃的だったのが奥様に対して「仕事が好きで稼ぐことが得意な男を夫に選んだのだから、キミが負担に感じていることがあるなら、僕の利益で家政婦さんやシッターさんにアウトソーシングしてはいけないの?」という一文でした。

「僕が育児家事をする」という手段が目的化していたという表現もなるほどな、と思いました。


稼ぐ能力が高い夫…。
そんな風に考えたことなかったです。
生活に余裕があるなら夫の稼いだお金で家事育児を楽にすればいい、サービスを利用してたまには力を抜けば良いという提案。なにそれ最高。

お金の心配はしなくていいからたまには力を抜いたら?って、なんていい夫!(笑)家事育児に積極的に関わろうとしてくれて尚且つ収入は落とさずだなんて(なんなら右肩上がりだそうです)ほんと福田さんが羨ましいです。

良い夫やめてもそこには愛がある

今回インパクトのある良い夫やめた宣言でしたが結局のところそんな事を言っても中田さんは福田さんの要求にこれからも応え続けると思います。


お母さんが「もうご飯作るのやめた!」と宣言してほんとにご飯を作らなくなりませんよね。やっぱりそこには家族への愛情と今までやってきた習慣というものがあって、宣言しても結局はやってしまうと思うのです。


後日、福田さんは「私は彼に甘えすぎてました」と発言されてます。

協力してくれるのはありがたいけどかゆいところに手が届いてないのよ!と思った時もあったでしょうが、妻のためにと思って行動してくれた中田さんにはやはり感謝の気持ちをもってほしいなと遠くの一般人は思ったりするわけです。

スポンサーリンク


長々と語りましたが…

本来書こうと思っていた記事をやめて今日はこの記事を書きました。

ちなみに私には子育ての経験はありません。
ただ相手の要求を受け入れ過ぎたことによる歪みの話が自分と似ていたので思った事を書きました。

私には攻撃的なコメントはやめて〜(笑)中田さんは結構言われてるみたいですね。芸能人って大変だなぁ。


男から見た初めての妊娠、出産、育児

パパの育児

ブログ村のテーマ

こんな記事も書いてます

www.atarashiikoto.com