新しいことを少しずつ。

モノを減らしたスキマになにか入れたくなってきた30代主婦の雑記ブログ。

どんなに可愛くても絶対に買わないもの。

スポンサーリンク

先日少し遠出をしてお買い物に出掛けました。

行きの電車の中で前に座った女の子の持ってるかばんがかわいいな〜と思っていたのですが、なんと一件目で入ったお店で発見!

今日はステキな出会いがありそうな気がする〜と思った幕開けでした。

スポンサーリンク


一目惚れのかばんは◯◯だった。

私がかわいいと思ったかばんがこちら。

f:id:nya222:20190127185710j:plain
参照:ロデスコ

金具の使い方や色遣いなど大人っぽくてかわいいな〜と思っていたのですが、値段を見てさらに納得。


55,000円。
うん、それぐらいするよね。



でも次の瞬間、




うん!?
5,500円!!!!


は!?
は!?
は!?


なんと値段の見間違いだったのです。
55,000円じゃなくて5,500円!!!


実はこのかばん合皮なのです。

少しアパレルかじりの私が見てもほんっっっとに合皮に見えない。めっちゃ高く見える。

しかも5,500円の30%オフときた。

でもね、私は買わずに帰ってきました。

どんなに可愛くても絶対に買わないもの。

実は私の中で1つのポリシーがありまして、どんなに可愛くても合皮のかばんは絶対に買わないと決めているのです。

ロデスコというこちらのかばん、レビュー評価を見てもとても高評価です。

どの色もオシャレだしほんとに合皮に見えなくて、お世辞ぬきでこれがほんとの高見えってやつだなと思いました。


でも合皮なのです。


合皮の末路を私は知っています。
いくら値段相応のかばんでも必ず数ヶ月でボロボロになると分かっているものに私はお金を払えません。

スポンサーリンク


失敗を二度と繰り返さないために

20代の頃、かばんではないのですが8,900円の高見えサンダルを買ったことがありました。

その当時から革が好きで合皮が嫌いだった私がデザインのかわいさと合皮の割に高そうに見えるという理由で、合皮のサンダルを買いました。

案の定数ヶ月でボロボロとほころびてきました。赤いサンダルなのに合皮が剥がれてきて所々白いものが見える。耐えれませんでした。

まだまだ履ける靴を捨てることは20代の私にとってとても辛いことでした。

その日から私はどんなに可愛くても合皮は絶対買わないと決めています。


久しぶりにかわいいと思ったかばんだったのに合皮なのは残念…。ロデスコ、本革で出ないかな…


失敗したお買い物…

ブログ村のテーマ

こんな記事も書いてます

www.atarashiikoto.com